悪徳弁護士

英語に「Ambulance chaser」という俗語がある。交通事故が起こると、救急車(ambulance)を追いかけて(chase)、被害者の代理人となり、とにかく損害賠償訴訟を起こし、高額な成功報酬を要求する悪徳弁護士のことだ。こんな状況が生まれた背景には米国が訴訟社会で、マンハッタンで石を投げると弁護士にあたるというぐらい弁護士過剰で仕事がなく困っている弁護士がたくさんいることが原因のひとつ。正義の味方のはずの弁護士が庶民の弱みに付け込んで高額の報酬を得るのである。法律による金儲けをたくらむ米国流ビジネスともいえるが日本にもある。

アディーレは185人の弁護士を抱える大規模な法律事務所で、創設は2004年。所属弁護士数では国内6位だそうだ。だが、扱う業務は5大事務所が大企業対象中心なのに対して、アディーレは基本的に個人が対象。テレビCMやコールセンターで集客し、消費者金融会社等から払いすぎた金利を取り返す、いわゆる過払い金返還請求事件を大量に受任することで、急拡大した。昨年10月にアディーレは景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた。この事件は日本版Ambulance chaserである。「てるみくらぶ」が破綻したとき、「てるみくらぶ」の就職内定者を引き受けると言い出したのもアディーレだった。弁護士事務所が何で旅行代理店の内定者を雇用?この時点で胡散臭いとは思ったのだが。結局、被害者を電話で応対する電話番だったわけだ。

報道によれば、この弁護士事務所の所長は過去に飲酒運転を3度やって逮捕され、監獄の中で一念発起して弁護士になろうと思い、考えたビジスがこれだったとのこと。法律を武器にした「ビジネスモデル」のひとつといえばそれまでだが、「暴力」が「法律」に「拳銃」が「六法全書」にかわっただけで裏稼業感が半端ない。そのアディーレが2か月間の業務停止期間を経て最近営業を再開した。今度の売りは「交通事故はおまかせ」。ついに、本当にAmbulance chaseになってしまったわけだ。法律をたてにして金儲けに目覚めた弁護士はたちが悪い。淘汰されていくのを望むが。どうなるか。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

伝説のライティング

米国ではクリスマスの季節になるとライテイングと音楽がシンクロする飾りつけが10年以上前から行われている。カーラジオでFMのある周波数にあわせるとシンクロした音楽が聴けるのだ。10年の歴史の中で、今でもベスト・オブ・ザ・ベストと語り継がれてきているのが、オハイオのメーソンに住む電気技師カーソン・ウイリアムが16000個の電飾とトランス・シベリアン・ オーケストラの ウイザード・イン・ウインターをシンクロさせた見事なライテイングだ。1年がかりで完成させたカーソンは両隣の住人に午後6時から10時までのライテイングンの許可をもらい、満を持して12月1日から始めた。しかし1週間と立たずに中止することになる。あまりに多くの車が道をふさぎ事故が多発したからである。しかしこの電飾は瞬く間にYOUTUBEに拡散し伝説になった。

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

推挙責任

大相撲の元横綱・日馬富士による傷害事件で日本相撲協会・横綱審議委員会(横審)は「貴乃花親方の行動について、理事である責任を全く放棄している。これは普通の組織体の中ではあり得ない。非難に値する」と批判した。

また同席した白鵬と鶴竜にも厳重注意とした。貴乃花に肩を持つわけではないが、僕にはこの相撲協会とその外郭組織に何となく違和感がある。

不祥事には諮問機関として第3者の立場で偉そうに正論をぶつが、そもそも、横綱とは、横審が、心技体とが調和して横綱の資格があると全員一致で推挙して決定されるわけだ。あなたたちが推挙した横綱達が起こした問題ではないか。政治の世界なら大臣が起こした問題は総理大臣の任命責任が問われる。横審が「大相撲の世界を普通の組織体」とみなして貴乃花を批判するのならば、横審の3横綱の推挙任命責任が厳しく問われてしかるべきだ。横審も全員辞任勧告相当と思うのだが。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

出番ですよ。

僕は改憲派の一人である。平和な時は連日「憲法9条守ろう!子供たちを戦争にいかせない」と言っていた方々。「日本に憲法9条があれば戦争は起きない。もし起きても話合いで解決できる。だから、憲法に自衛隊の明記もいらない」と豪語している護憲派の方々。なぜこの重要な時期に沈黙しているのか。今こそ、あなた方の主張を検証するベストのタイミング、あなた方の出番ではないか。

社民党の福島瑞穂、共産党の志位和夫を団長にして北朝鮮を訪問し、この緊張を緩和し、話合いで国際問題は解決できるというところをしめすべきである。できれば、朝日新聞に報道を任せ、東京新聞の望月衣塑子をスポークスマンにするのがよい。それができないならあなた方の主張は無力である。何とか日本を守ろうと奮闘している安部政権のほうがよほど心強いと僕は思う。もっとも、「日本に敵が攻めてきたらどうするのか?」と聞くと「そのまま死ぬしかない」と答える護憲派もいるので、憲法9条はすでにカルト宗教になっているのかもしれない。

そんな中、周りの説得を聞き入れない北の一連の行動は平和ボケした護憲派を覚醒させる効果はあったかもしれない。「世の中には聞く耳をもたない狂犬のような輩」がいるということだ。たとえそれが刃物を持った幼稚園児だとしてもである。通りの向こうには拳銃を構えた大人がいる。幼稚園児は絶対に勝てるわけがないことは誰もがわかる。だが、問題は、幼稚園児と大人の間に丸腰でボーッと立っている日本という少年がいることである。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

お楽しみはこれからだ 26

僕にとって今月はエイリアン月間になる。1980年だったか、僕がチューリッヒに留学中に「エイリアン」が封切られた。宇宙船やエイリアンのデザインをスイス人のデザイナーが担当したとのことでスイスではものすごい人気で映画館には長蛇の列。私は友人と当時ヨ―ロッパ一で一番大きな画面があるという映画館で観た。何しろ宇宙船が左端から出現して右端に移動するのを首を動かして追わねばならないぐらい大きなスクリーン。初めての経験だった。

yjimage

日本では封切り前に見ようとハワイ・エイリアンツアーまで組まれるほどの人気だったが、ハワイでは日本語字幕はでなかったろうから日本からわざわざ出向いても理解しづらかったのではないかといまさらながら思う。画面は少し暗すぎる感があったが非常に面白かった。爆発まであとわずかになって、シガニ―・ウイーバー扮するリプリーが脱出するとき鳴り響くブザーの音は今でも耳から離れない。エイリアンはパート4で完結したが、今週9月15日から同じ監督のリドリー・スコットによる新エイリアンが封切らる。

image1

http://www.foxmovies-jp.com/alien/

これはエイリアンの前日譚の映画「プロメテウス」の続編になるが、まずは見るにあたってシリーズ1-4とプロメテウスはもう一度おさらいしなければならない。しかし僕が持っているDVDは地域コード規制があり日本では観れない。レンタルになるが、僕と同じ気持ちの方たちがたくさんおられるようで、どこのレンタルビデオもすべて貸出し中。入手に奔走している。

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

伝統と差別

山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなくLED照明で「大」の文字を点灯させたこと話題になっている。時代の流れだと受け入れる声や批判的な指摘など、様々な意見が上がっている。

450px-HakoneDai0085

このニュースを聞いて、20数年前の4月1日にBBCの朝の放送で流れたニュースを思い出した。「ロンドン市民の誇り、ウェストミンスター宮殿の「ビッグベン」があまりに故障が多いので、ロンドン議会はデジタル化することを決めた」というエイプリルフールニュースだ。ロンドンン市民からはすぐに「とんでもない!何ということを」という苦情が殺到し、BBCの毎年恒例のドッキリは大成功したのだが。20数年たってこれが笑い話ではなくなってきた。

2399225387_9262ae1604

日本各地で行われる大文字焼が安全面を考えてLEDになる日も近いかもれない。合理的なのだろうが、何か気持ちが悪い。かつて、大阪府知事だった太田房江が、大相撲の表彰式で、優勝した力士に表彰状を渡したいといい却下されたことがある。彼女は女性差別だと抗議した。大相撲はもともと神に奉納する神事であった。

¤‘¾“c–[]@ƒIƒIƒ^ƒtƒTƒG@
‘æ‚Q‚R‰ñŽQ‹c‰@‹cˆõ‘I‹“—§Œó•âŽÒiŽ©–¯A”ä—áj@

日本での最高神は女神[天照大神]なので、女性は神に仕える巫女として[神側]の存在。「人間側」の男性が奉納するわけで、巫女でもない女性が土俵には入れない。彼女は伝統と差別は違うということを理解していなかったようだ。「宝塚になぜ男は入れない。歌舞伎になぜ女性は入れない。これは差別だ。」と文句を言う人はいない。理屈なしに変えてはいけない伝統文化もある。

時代の風潮に合わず、守りがたく、窮屈になったと皆が認めた伝統なら潔くやめた方がよいと思うのだが。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

ジャンヌ・モロー

ジャンヌ・モローが亡くなった。89歳とは少し驚きだったが、死刑台のエレベーター、危険な関係。エヴァの匂い。雨のしのび合いなど。どの映画でも存在感のある魅力的なパリジェンヌだった。

yjimage (6)

yjimage (5)

彼女を思い出す映画のシーンには必ずそばにタバコがあった。これだけタバコの似合う女性は今まで出会ったことがない。僕は若いころ、フランス映画で両切りのゴロワーズやフイルターが極端に短いジタンというタバコを知った。当時は東京のソニープラザにしか売っていなかったこのたばこを吸いたくて友人によく送ってもらっていたが、正直なところ、僕にはものすごくきつく、いつもむせていた。

yjimage (3)

yjimage (4)

 

どことなくアンニュイな表情でゴロワーズをうまそうにのんでいる彼女を感心して眺めていたものだ。

yjimage (7)

美しい女優はたくさんいるが、ジャンヌ・モローのようにチャーミングで謎めいた雰囲気の女優にはなかなかお目にかかれない。稀有な大女優だった。合掌

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ