孤独のグルメ38

横浜中華街に「華正樓」という老舗がある。ここの名物は肉まん。特徴は皮が極めて柔らかいこと。そしてその「あん」のうまさである。したがって。この肉まんを冷凍してはそのうまさが半減する。基本は購入後冷凍せずに食べることなのだ。うまい食べ方を紹介する。

K9

K8

まず、箱から出して「せいろ」で再度10分ほど蒸す。

K6

その間に、醤油、からし、ごま油、ラー油を用意してよく混ぜておく。

K7

K3

蒸しあがったら、小皿におき、3分の1のところに包丁で切れ目を入れる。

K10

K5

破れやすい皮を注意深く開き、中の「あん」をとりだし混合した調味液に両面をよく浸す。

K4

K2

お好みでラー湯やからしの量を加減する。そして静かにもとに戻し蓋をする。

K1

何事もなかったようなこの白い肉まんは、実はパンチのきいた、「からしラー油ゴマ油肉まん」に変身しているのだ。そして両手でしっかり握って一気にかぶりつく。口の中に幸せが広がる。その一瞬の湧き上がる快楽をビールですかさずリセット。あとは食べ過ぎに注意しながら、この孤高の行為を繰り返す。

rocketboy2 について

合成化学と薬化学と天然物化学を生業にし、それらを基盤にしたビジネスを展開している。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中