ギムレットには早すぎる

近くの酒屋でプリマスジンを見つけたので、ギムレットを飲むためライムジュースも買った。通常のレシピではドライジンにライムジュースを加えてシェークすることになっている。だが、チャンドラーのハードボイルド小説「長いお別れ」でフイリップマーローはプリマスジンにローズ社のコーディアルライムという甘いライムジュースを入れステアして飲んでいた。プリマスジンはイングランド南西部、イギリス海軍の軍港であるプリマスでつくられる香りが強く、ほのかに甘いジンである。

5

僕は若い頃、このギムレットなるものに憧れた。ローズ社のコーディアルライムなどは僕の住む北の果てでは手に入らなかった。僕は行きつけのバーでギムレットを注文し「プリマスジンでお願いします。ステアして」なんて気取っていうのだが。

カウンター奥のバーテンダーは困惑気味で「つまりはジンライムだろうが」と言いたそうな顔をして、たいていサントリーのドライジンで代用された。

それでも口に含むと一瞬マーローになった気分。「ギムレットには早すぎる」という名セリフが頭の中を駆け回った。本物のギムレットなど飲んだこともない若造にとって、正直なところ、サントリーのドライジンを明治屋のくそ甘いライムジュースで割ったギムレットもどきはちっともうまくはなかった。背伸びしていた時代だった。今となっては懐かしいが。

rocketboy2 について

合成化学と薬化学と天然物化学を生業にし、それらを基盤にしたビジネスを展開している。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中