月別アーカイブ: 2013年12月

男と女の話 3

竹内久美子はいくつかの独立した事象や理論をつなぎ合わせて「ストーリー」をつくるこ … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

男と女の話 2

家族の「血」の問題は私的なことである。このような話題が全国版の週刊誌になぜ載るの … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | タグ: , | コメントをどうぞ

男と女の話

僕がまだ高校生だった頃、内藤洋子という女優がいた。清楚で可愛くて、演技も上手。そ … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | タグ: , | コメントをどうぞ

天国からの手紙

クリスマスの朝、ガレージで「ごそごそ」やっていると、ラジオからあきらかに泣き声で … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

エフラン

僕は最近「エフラン」という言葉を知った。エフランとは、受験界の雄、河合塾の登録商 … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

眼禍 3

石原慎太郎のようなカリスマ性はないものの、論理的かつ冷静なはずの猪瀬がこんなにも … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

眼禍 2

僕は猪瀬直樹の作品を愛読していた。彼の切り口は新鮮で視点は鋭く適確であった。膨大 … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ